ヒアルロン酸の難点


注射美容皮膚科ではヒアルロン酸のシワ取りには高い人気がありますが、その理由にはやはり安全性があります。そんなヒアルロン酸のデメリットもご紹介しましょう。たまにヒアルロン酸注射をしたのに、数日後には効果がなくなり、元の状態に戻ってしまうという人がいます。この場合は後日もう一度注射することでほとんど解決します。ただし口コミなどで悪質なクリニックの可能性があるところは、始めから注入量を減らし、追加料金を請求するといった場合もあるとのこと。そのため口コミでクリニックをチェックすることは大切です。

また他にも顔に腫れ、内出血が発生することがあります。これは注射を行ったときに毛細血管を傷付けたことが原因となりますが、内出血や腫れは大体1週間で直るはずです。他にも施術のときには痛みも多少あると考えましょう。注射の針を刺すときにはとても細いハリを使うので、痛みは少ないと言われていますが、痛みの感じ方はさまざまなので無痛でない限り感じ方はそれぞれ。またヒアルロン酸が血管に入ってしまうと、血栓を作り血管を防ぎ細胞壊死を起こすことがあります。このようなことを避けるために、特殊な針を使用しますが、やはりしっかり経験のあるクリニックを選ぶことも大切です。このように割合的にはデメリットはとても少ないと言えますが、まったくないわけではありません。