ヒアルロン酸の難点


注射美容皮膚科ではヒアルロン酸のシワ取りには高い人気がありますが、その理由にはやはり安全性があります。そんなヒアルロン酸のデメリットもご紹介しましょう。たまにヒアルロン酸注射をしたのに、数日後には効果がなくなり、元の状態に戻ってしまうという人がいます。この場合は後日もう一度注射することでほとんど解決します。ただし口コミなどで悪質なクリニックの可能性があるところは、始めから注入量を減らし、追加料金を請求するといった場合もあるとのこと。そのため口コミでクリニックをチェックすることは大切です。

また他にも顔に腫れ、内出血が発生することがあります。これは注射を行ったときに毛細血管を傷付けたことが原因となりますが、内出血や腫れは大体1週間で直るはずです。他にも施術のときには痛みも多少あると考えましょう。注射の針を刺すときにはとても細いハリを使うので、痛みは少ないと言われていますが、痛みの感じ方はさまざまなので無痛でない限り感じ方はそれぞれ。またヒアルロン酸が血管に入ってしまうと、血栓を作り血管を防ぎ細胞壊死を起こすことがあります。このようなことを避けるために、特殊な針を使用しますが、やはりしっかり経験のあるクリニックを選ぶことも大切です。このように割合的にはデメリットはとても少ないと言えますが、まったくないわけではありません。

ヒアルロン酸の利点


しわ美容皮膚科で人気のシワ取りは、今一般の主婦の中でも人気が高まっています。特に安全性が高いヒアルロン酸注射は特に人気が高くなっています。そんなヒアルロン酸のシワ取り施術のメリットのご紹介です。まずエイジングサプリなどでは、皮膚細胞内のヒアルロン酸を増やすことはできません。化粧品も一時的な効果がある程度です。しかしヒアルロン酸注射は実際の気になるところに集中的に注入できるので効果は絶大です。

またヒアルロン酸は約3~6カ月で吸収されますが、ヒアルロン酸の種類では数年持続するタイプもあります。ゆっくり肌に吸収されていくので、副作用もほとんどありません。ヒアルロン酸は現在製薬会社の違い、硬さの違い、効果維持の違いなど、いろいろなタイプがあり、それぞれの肌の質やシワの状態などに合わせて選ぶことができます。そのため自分にあったヒアルロン酸を注入できるので、より安全性が高くなったのです。

また注入して数日たってヒアルロン酸の量が多く膨らみができた、均等に膨らまず凸凹しているというときも、修正することができるのです。ヒアルロン酸を分解する薬剤の注入によって除去することや、凸凹の凹の部分に足すなど、結果が思ったようでなくても修正ができるのです。また体内でも存在している成分なので、アレルギーも起こりやすいと言われています。最後にデメリットについて紹介します。

美容皮膚科でヒアルロン酸


美容皮膚科では今エイジングのための施術が大人気。その中でもヒアルロン酸はとても人気があります。手術などせずに安全性の高い注射だけで、エイジング効果も高く、価格も手頃になってきたことから、一般の主婦でも敷居が低くなったとも言えるようです。手術は危険性、失敗、高い費用などのデメリットがありますが、ヒアルロン酸はもともと肌の中に存在している美肌成分あるいは軟骨成分と言われるものなので成分的にも安全性が高く副作用もほとんどないと言われています。

化粧水肌細胞や軟骨細胞の中に多く含まれている保水効果の高い成分で、ヒアルロン酸1gで、6Lもの水を吸い込むと言われているほどの保水力を持っているのです。ヒアルロン酸は多くの化粧品にも配合されており、エイジングケア商品には欠かせない成分と言えるでしょう。そんなヒアルロン酸をシワ部分、たるみ部分などに注入することで、シワやたるみを改善することができるのです。しかし3~6カ月で体内に吸収されてしまうので、永久的な治療はできません

シワの場合はシワの凹んだ部分にヒアルロン酸を注入していくことで、凹みをなくしてしまいます。またたるみの場合、たるみのために凹みが出来たところに注入することで全体がふっくらし、また老化肌をヒアルロン酸によってみずみずしくしていくため、たるみ自体を軽減することもできるのです。ただし1回に大量に注入してしまうと、逆にどうしても垂れる原因になってしまうこともあるので、適量を使用し体内に吸収されたらまた使用するようになります。

〔参考サイト〕SHIRONO LASER CLINIC│美容皮膚科に相談